Japan

山梨県、東京電力エナジーパートナー株式会社、エナジープールジャパン株式会社による「P2Gシステムによる電力需給調整の脱炭素化に向けた実証研究に係る基本合意」について

2022-06-17
|
Comments off
|

山梨県、東京電力エナジーパートナー株式会社、エナジープールジャパン株式会社による「P2Gシステムによる電力需給調整の脱炭素化に向けた実証研究に係る基本合意」について

当社は、山梨県・東京電力エナジーパートナーとの連携により、経済産業省「令和4年度エネルギー需給構造高度化対策に関する調査等事業(ディマンドリスポンスの更なる活用に向けた実態等調査)」に採択されました。

当該事業は、再生可能エネルギーの主力電源化を見据え、固体高分子(PEM)形水電解装置によるP2Gシステム(再生可能エネルギーの電力で水素を製造する)の活用によって電力系統の安定化を図るものです。当社は、PEM形水電解装置を高速で需要制御を行うことで一次調整力を供出する役割を担います。当該事業を通じて、カーボンニュートラルの実現に貢献して参ります。

Press Release

続きを読む

「25ans(ヴァンサンカン)7月号」に弊社社長のインタビュー記事が掲載されました。

2022-06-06
|
Comments off
|

女性ファッション誌「25ans(ヴァンサンカン)7月号」へ「環境の日に考えたい エレ派ライフと電気の未来」というテーマで、弊社社長のインタビュー記事が掲載されました。

https://www.25ans.jp/magazine/backnumber/a40188452/promotionjune-220603 […]

続きを読む

在宅勤務体制の継続とteam building

2022-05-20
|
Comments off
|

コロナ渦は多くの生活習慣を変えました。

当社においても、在宅勤務がdefaultになり、職場はteam buildingを醸成する場に進化しつつあります。

これからも電力の安定供給、脱炭素に貢献するEPJ […]

続きを読む

2022年3月22日の電力逼迫警報に関連した当社の取組

2022-04-14
|
Comments off
|

3月21日から22日にかけての首都圏を中心とした電力逼迫警報については、記憶に新しいところです。

当社は、系統運用安定化に貢献し得るDR事業者として、4月8日付け電気新聞一面にその際の取り組みが掲載されましたのでご紹介します。

2023年1月にも電力の需給逼迫が予測されておりますが、当社は国や電力会社と緊密に連携しながら、電力の安定供給に貢献させて頂きます。

掲載記事の概要は以下URLをご参照下さい。

https://www.digital.denkishimbun.com/PB5012_000/login.php

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 Next page ›